ノワーレ 顔

MENU

ノワーレはお腹だけじゃなく顔にもOK!その理由は?

nowarekao
ノワーレを顔に使っても大丈夫でしょうか?

 

結論を言っちゃうと、ノワーレは顔に使ってもOKです。

 

というか、保湿クリームとしては、他の商品よりも優れているので、顔から足先まで全身ノワーレで保湿することができます。
(全身使ってたらすぐに無くなっちゃいますけど。)

 

それぐらい、ノワーレはどこの部分に使っても問題ありませんし、保湿力が高いので、普通の保湿クリームよりもオススメできます。

 

でも単純に顔に塗るよりも、ノワーレの効果をよりアップしてくれる効果的な塗り方があります。

 

このページではノワーレが顔に塗っても大丈夫なのか、効果的な塗り方があるのか、紹介していこうと思います。

 

 

ノワーレを顔に塗っても問題なし?

 

ノワーレは妊娠線予防&改善効果のあるケアクリームです。

 

そんなクリームを顔に塗っても大丈夫なのでしょうか?
肌荒れとかしたらたまったもんじゃありません。

 

でも安心してください。
ノワーレは顔に塗ってもぜんぜん大丈夫です。

 

その理由は含有成分です。

 

ノワーレにはレジストリル、パワーヒアルロン酸、シアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールなどが配合されています。
これらは全て無添加の成分で肌荒れや副作用を起こした記録、報告は一切ありません。

 

また、PG、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成界面活性剤、サルフェート、合成香料、動物性原料、パラベン、アルコールといった、肌に悪影響のある石油系成分、合成化合物は一切使われていません。
この点は非常に安心材料になりますね。

 

さらに、皮膚科医も診断済みの実験結果が出ているため、効果面、安全面には高い評価があるんです。

 

そのため、ノワーレを顔に塗っても全然問題ないのです。

 

 

顔に塗る時のポイント

kaotukaikata
ノワーレは妊娠線を予防&改善してくれます。
妊娠線は真皮が断裂してしまって、肌が赤紫に線状の斑点ができてしまう現象です。

 

妊娠線は、肉割れ線やストレッチマークなどと呼ばれていますが、同じ意味です。
真皮の断裂によって発生した妊娠線を治すには保湿をして、肌を健康にすることが重要です。

 

でも、真皮の断裂は普通の保湿では治りません。
より強力に保湿効果のあるクリームが必要になります。

 

ノワーレはとても強力な保湿力を持ったケアクリームです。
そのため、顔に塗れば、顔の保湿力アップに効果抜群です。

 

でも、単純に塗るよりも効果的な塗り方をすれば、さらに保湿力を上げることができます。

 

効果的な塗り方のポイントの1つはお風呂上がりに塗ること。

 

ノワーレは朝と夜、1日に2回塗るのが効果的です。
朝は軽めに塗って、夜はしっかり塗りましょう。

 

塗るタイミングですが、夜はお風呂上がりが良いです。
血行も良くなって化粧水やボディクリーム系の浸透率が上がります。

 

ノワーレは化粧水や乳液など塗ったあと、最後の締めで塗るようにしましょう。

 

ノワーレの高い保湿効果によって、顔の表面に優しい膜を形成します。
その膜の力によって、皮膚だけでなく、角質層にまでクリームを浸透させてくれます。

 

2つ目のポイントはゴシゴシ塗るのはNG!

 

ノワーレはしっかり浸透するように塗るのが大切なのですが、ゴシゴシグリグリ塗り込んじゃうと肌荒れの原因になります。
特に顔の肌はお腹や太ももなどと比べると薄く敏感なため、強く塗り込むと危険です。

 

あくまでも優しく塗ってあげましょう。

 

最後の3つ目のポイントは、温めた状態で塗ることです。
温めるといっても人肌くらいに温まっていればOK。

 

温めると毛穴が開きやすくなるため、ノワーレの浸透率がアップします。

 

 

子供にも赤ちゃんにもOK

 

ノワーレの保湿効果はとても高いので、1家に1本ケアクリームとして常備しておくと良いでしょう。
無添加で皮膚科医も安全面を問題無しとしているので、子供にも赤ちゃんにも使うことが可能です。

 

乾燥肌や敏感肌の方にも問題なく使えるので、1家に1本置いときたいですね。

 

 

>>>ノワーレの公式サイトはこちら!