ノワーレ いつから塗る

MENU

妊娠線予防クリームの「ノワーレ」はいつから塗るのが良いんでしょうか?

ノワーレの利用頻度
予防ってことは妊娠初期?
お腹が大きくなってからでも大丈夫?
妊娠線ができたあとに塗っても意味無いの?

 

と、ノワーレをいつから塗るのが良いのか悩んでいる人って多くいます。

 

結論を言っちゃいますと、「妊娠5ヶ月ころから塗るのがベスト!」です。

 

その理由は?根拠は?って思ってる人が多いと思いますので、ノワーレをいつから塗るのが良いのか、について紹介していこうと思います。

 

そもそも妊娠線はなんでできるの?

妊娠線ができる理由
そもそも妊娠線ってなんでできるんでしょう?

 

妊娠線ができる原因を簡単に説明すると、急激にお腹が大きくなることで、ヒグが耐えきれなくなって断裂してしまうからです。
この断裂層が赤紫色した線状班として出ちゃうのが妊娠線なのです。

 

もう少し詳しく説明しますと、妊娠中、赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなります。
お腹だけでなく、バストも膨らみ、お尻や二の腕にも脂肪が付きやすくなります。

 

妊娠線ってお腹だけにできると思っているかもしれませんが、お尻やバスト、二の腕にも妊娠線はできてしまいます。

 

そのメカニズムは、皮膚の真皮層や皮下組織が急激な体の変化に対応しきれずに断裂してしまうために起こります。
皮膚の表面層は体の変化に対応しきれるのですが、皮膚表面の奥、真皮層、皮下組織は体の変化に対応するのが難しいのです。

 

真皮の断裂がおきてしまうと、赤紫色の断裂層が線状に斑点として現れてしまいます。
これが妊娠線です。

 

真皮層や皮下組織が急激な変化に対応しきれないために妊娠線が現れるので、お腹だけでなくバスト、二の腕、お尻にも妊娠線はできるんです。

 

ノワーレはいつから塗るのが良い?

ノワーレの塗り方
妊娠線は人によってできる人、できない人がいます。
まったくケアをせずに出産を終える人もいます。

 

でも、できてしまってからケアをしても治る保証はありませんが、妊娠線ができる前からケアをすることで妊娠線を予防することは可能です。

 

じゃあ、ノワーレはいつから塗るのが良いのか?

 

最初に妊娠5ヶ月ころから、と言いましたが、正確には妊娠初期から妊娠5ヶ月ころまでにはノワーレを使い始めたほうが良いです。

 

妊娠線は赤ちゃんの成長に伴って体大きくなることで起こります。
そのため、妊娠初期はまだまだ赤ちゃんの成長速度も早くないので大丈夫なんですが、妊娠中期ころから成長が一気に早まります。

 

つわりが酷くなければ妊娠初期から使うのもありです。
ただ、妊娠5ヶ月目ころまでにはノワーレを使い始めたほうが良いでしょう。

 

妊娠線予防に重要なことは保湿です。
特に乾燥肌、敏感肌の方は注意が必要です。

 

乾燥肌、敏感肌の場合、肌の水分と油分のバランスが崩れやすい体質なので、肌の柔軟性もなくなり、断裂が起きやすく、妊娠線ができやすいと言われています。
そのため、乾燥肌、敏感肌の人は妊娠初期からノワーレを使い始めたほうが良いでしょう。

 

臨月も注意!妊娠線ができてからでもノワーレは効く?

ノワーレの使い方
妊娠線ができないまま妊娠後期に入っても注意が必要です。

 

妊娠後期は特に赤ちゃんの成長が早まるため、急激にお腹も大きくなります。
この時期に妊娠線を発症する人も多いです。

 

そのため、妊娠後期に入ってからでもノワーレで妊娠線予防をすることは大事です。

 

また、妊娠線ができてしまうと、生治らない、って思っている人が多いと思います。
しかし、ノワーレは妊娠線ができてからでも治すことが可能です。

 

妊娠線を治すのも保湿がキーワードになります。
ノワーレにはパワーヒアルロン酸、シアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールといった、肌にうるおいをもたらす含有成分が凝縮されています。

 

そのため、妊娠線ができてからでも治すことが可能ですし、実際に治った人の口コミも多数寄せられています。

 

妊娠線は赤ちゃんを生んだ勲章です。
何も恥ずかしいものではありません。

 

とは言っても、水着になったり薄着をしたりして妊娠線が目立っちゃうと嫌ですよね。
そうならないためにも、妊娠中期からはノワーレで妊娠線予防しときましょう。

 

>>>ノワーレの公式サイトはこちら!